カテゴリ:movie( 16 )

『プラダを着た悪魔』
久しぶりに映画のキロク。

今年は私にしてはたくさん映画を見ました。というのも職場の福利厚生で割引券をゲットしていて300円で見れるからというのもあるからですが。

今年見た映画の私的ランキング。

1位 『プラダを着た悪魔』
 本日見てきました。アンハサウェイがすごくキュート!キレイ!彼女のファッション、スタイル、表情を見てるだけでニコニコしてしまいます。キレイなだけではなく、頭がよくて、根性があって。
 お話もわかりやすく、おもしろく、そして前向きになれる感じ。うまくいかないときとか落ち込んだときに見ると救われそうです。
 舞台はNY。終盤にはキラキラ夜のパリがたっぷり見れるのも高ポイントでした。華やかなパリはやはりステキ♪
 音楽もロックやポップがガンガンで気持ちよいです。中でもマドンナ!最新アルバム(結構リピートして聴いてた)の中から「JUMP」が流れてきて、NYのかっこよい街にあってました。そして懐かしいかったのが「VOGUE」!映像にぴったりハマッて古臭くなかった。この振りつけ(あの手の動き)、当時、体育祭で踊りました~(違う曲だったけど)。
 とにかく女の子にとっては大満足な映画です。

2位以下は順位がつけにくいのですが・・・

2位 『7月24日通りのクリスマス』
 長崎の町の雰囲気が、本当にリスボンの風景と似ていました。目の付け所がおもしろい。最初ハートのアニメが出てきたり、主人公にとっての王子様ランキングとか、ファンタジーっぽくてかわいかった。「アメリ」意識してますよね、多分。
 これまたお話は王道で、あまり主人公が苦労しなくてもハッピーエンドになっちゃった感じで、もう少し工夫があってもよかったかな。

3位 『嫌われ松子の一生』
 これも中谷美紀主演。コメディーもちゃんとできるんですね~、彼女って。あまり主演しているドラマも見たことなかったので知らなかった。とても暗い不幸な話のはずなのに、映像は華やかな部分も多くて、見ていて飽きなかったです。

4位 『ただ、君を愛してる』
 ドラマのだめカンタービレでにわか玉木宏ファンの私。という理由で映画も見ました。ドラマに出てる人が3人(玉木宏、小出恵介、上原美佐)も出演しててひそかにほくそ笑む。
 これもファンタジー要素たっぷり。玉木さんは「千秋様」とは全く違う2枚目半のちょっと頼りない大学生を演じてました。役によってキャラを変えられるのはすごいな。
 途中まではのんびりまったりムードだったけど、終盤では、泣け~泣け~と言わんばかりの展開。事前に知っていたからちょっとひいてしまいました。。。これは下記の「涙そうそう」も同じ。最後死んじゃう話、最近多いですね・・・。

5位 『イルマーレ』
 キアヌ熱もすでに冷めてしまっていますが、アクションモノじゃない「スウィートノベンバー」でキアヌにときめいた私としては、恋愛モノでキアヌを見たかったので。韓国版よりもオトナな感じでした。いや、実際歳とってるし^^;でも、秋のシカゴの落ち着いた景色が雰囲気があってココロなごみました。あ、これもファンタジーだなあ。

6位 『涙そうそう』
 主役の2人はとてもよかった。しかし、最後の展開がありえない。一気にひいてしまった。。。結構泣けるかも~って思ってみたんだけど、これが一番期待はずれでした。
[PR]
by mablancheri | 2006-11-24 23:52 | movie

チャーリーとチョコレート工場
b0057724_0153058.jpg原作も知らなかったけど、TVCMがおもしろかったので、見に行きました。職場の福利厚生で補助券があったので300円だし♪

・・・シュ、シューール・・・・!!

ウンパルンパおもしろすぎ。パパイヤ鈴木とおやじダンサーズ?かと思った。
くるみを割る作業を本物のリスがやってたり(笑)
ディズニーのパロディっぽいとこもあったり。
いや~、おもしろかった。
[PR]
by mablancheri | 2005-09-11 23:58 | movie

CONSTANTINE
b0057724_19453473.jpg地獄の世界とか怖いし、悪魔(?)とか気持ち悪いし、天国と地獄、天使と悪魔というテーマもありきたりだけど、パンクっぽいビジュアルも含めておもしろかった!後半~最後が特に。
キアヌ・リーブスとレイチェル・ワイズかっこよし!
悪魔払いをしているところ、ちょっと「陰陽師」?(みたことないけど)なんて思ってしまいましたが、自己中でひねくれ者のアンチヒーローがキアヌにぴったりでした。
これはDVDでたらもう一度みたいです。
[PR]
by mablancheri | 2005-05-06 23:50 | movie

映画三昧
b0057724_1958334.jpg■スウィングガールズ
 わたし大絶賛。ほんと、おもしろかった。ベタなギャグだろうが。あのギターとベースの子にフラレタ兄弟が自作の唄を歌うところとか声出して笑った。
 ウォーターボーイズの監督さんですが、私はこっちの方が好き。
 ビッグバンドジャズって楽しそう♪やってみたい、と思わせる。

b0057724_19582666.jpg■誰にでも秘密がある
 コミカルなお話。なんでイ・ビョンホンはみーんなに優しいのだろう?とギモンだったけど、ちゃんと最後に種明かしがあって納得。同じ場面を3姉妹の視点でそれぞれ見せるのがおもしろかった。ラクに楽しめる作品。


b0057724_1958437.jpg■黄泉がえり
 登場人物が多すぎてそれぞれの思いを盛り込んだためちょっと散漫な感じになって惜しい。RUI(柴咲コウ)の方が死んでると思ってたけど、キーボードの彼の方だったんですね。それがわかったときと、あおい(竹内結子)がすでに死んでたっていうところが私にとってはサプライズでした。
[PR]
by mablancheri | 2005-05-05 22:00 | movie

初恋のきた道/星に願いを。
GWということで、基本的には一晩に1作品を目標にDVD見てます。

b0057724_2321982.jpg①チャン・ツィイーすごくかわいい。
②なぜあのイマイチな男に一目ぼれするのか、不思議。
③広大な自然綺麗。
という感想しかなかった。「号泣した」っていう感想を見て借りてみたけど、いまいち。



b0057724_2324479.jpg交通事故多すぎ。韓国映画みたい。元の映画は香港映画のようですが。
死んだしょうごが数日だけ別人としてなら存在できるっていうところの説明が無理やりでちょっとひいた。いきなりファンタジーすぎて漫画チックになっちゃうし。
でも、泣くほどではなかったものの、最後はそこそこ感動した。
函館が舞台で、好きだった人と歩いた坂道や路面電車なんかが出てきて懐かしかった。
竹内結子はTVドラマも映画も出まくりで、活躍してますねー。どれも似ていて演技も同じ感じなので、混乱しますね。といいつつ次は「黄泉がえり」見ます(^^;)
[PR]
by mablancheri | 2005-05-02 00:00 | movie

最近見たDVD(イルマーレ、セカチュウ)
b0057724_22271184.jpg■イルマーレ

おとぎ話のような。ファンタジー。
韓国ドラマお約束の交通事故が2回もあったけど、全体としては映像も美しくて韓国映画っぽくない感じもして、オシャレでよかった。私的には好きな映画。ところどころしみじみ泣けるし。
キアヌがリメイク版に出るらしいけど、このままでよいのでは・・・。でも公開されたら見るけど(^^;



b0057724_2235724.jpg■世界の中心で、愛をさけぶ

遅ればせながら「セカチュウ」初体験。普通によかった。
評判どおり高校生時代の朔太郎と亜紀が良かった。1986年という時代も懐かしい。まだCDとかなくてカセットの時代。受験勉強のお供に深夜ラジオ。田舎の高校生の青春が描かれていて違和感なく2人の恋がほほえましく、純粋で一途でせつなかった。無謀さも初恋の真剣さゆえ。
でも私が感情移入しちゃうのは律子(柴咲コウ)。忘れられない人が居る彼のことを思う彼女が切なくて、サクが「助けてください」と叫んでも泣けなかったけど、体育館のステージの上で亜紀のことを思い出すサク(大沢たかお)を影で見ている律子に泣けた。
[PR]
by mablancheri | 2005-03-13 22:43 | movie

「オペラ座の怪人」

b0057724_18173467.jpg 映画化されたことを公開間際に知ってから、気になって仕方なく、ようやく見てきました。とはいっても、舞台のミュージカルを見たことはないんですが。舞台も見たくなりました。どんな風になるんだろう・・・。
 思ってたよりストーリーはたいしたことなかったけど、なんといっても映像が、衣装が豪華絢爛。美しかった。マスカレードの場面は感動で泣きそうになるくらい。地下室の水路を小舟に乗って移動してたけど、ディズニーランドのアトラクションちっくでした。
 映画館で見たかった理由のひとつは音楽を大きな音量で聴きたかったこと。超有名なテーマ曲も良かった~。落ちたシャンデリアが元に戻るとともに鮮やかに色づいていくオペラ座・・・そのバックに流れてたおなじみの曲。ぞくぞくするというか。CDショップで見かけたら買おうと思っているものの未だ会えず・・・。
[PR]
by mablancheri | 2005-02-04 23:30 | movie

「東京タワー」
 売れっ子CMプランナーの妻・詩史(黒木瞳)は、20才年下の透(岡田准一)と出会い、恋に落ちた。それから3年、二人は密やかな愛を重ねていた。透の友人・耕二(松本潤)は、同世代の恋人がいながら、主婦の喜美子(寺島しのぶ)と付き合い始める。夫への不満を爆発させる喜美子が耕二の目には愛おしく映る。こうして年齢差を越えて愛し合う2組のカップルだったが…。

 
b0057724_2251233.jpg


 センター試験で出勤した分の代休をとっていたので、昼に「旬門」でちょっと豪華なランチを食べてから(限定20食という籠盛はすでに売り切れていた(^^;残念)、岡田准一くんが出てるってこともあって、映画「tokyo tower」見てきました。(平日に休むのってなんか楽しい・・・)
 
 映像がとてもきれい。最先端のおしゃれで綺麗な東京が四季を通して(ベタだけど春はサクラ、秋は神宮の銀杏並木など。)映し出されていました。丸の内界隈も一瞬ヨーロッパの街に見えたほど。東京の観光PRフィルムかと思った。東京タワーがいろんな角度からくどいほど登場しますが。。。東京への憧れがますます強くなる感じ。海外の人がコレ見て、日本を訪れたくなってくれるかも?VISIT JAPAN戦略(でしたっけ?)にどうぞって感じ。

 黒木瞳演じる詩史はずるーいって思った。夫と別れる気もないのに岡田くん演じる20歳年下の透も手放したくないなんて。(といっても最後の最後には夫と別れますが←ネタばれ)最初は、黒木瞳だから許せるかもしれないな、なんて思ってたんだけど、あまりにも身勝手な行動が目についちゃって、理解できませんでした。詩史の都合のいいときだけ呼び出されて、それで我慢できるの?イマイチ透のキャラも理解できず、なぜ詩史に執着するのか伝わってきませんでした。いえ、岡田くんは十分かっこよくてよかったんですけれど。。。キレテ怒鳴るところ、ぶっさん@木更津キャッツアイと同じでしたが・・・。

 話としては喜美子&耕一の不倫カップルの方が現実的で両方の気持ちも理解しやすくておもしろかった。文句や夫への不満を言いに、エプロンつけたまま耕一のバイト先に現れたとこが一番笑えた。かわいい主婦だ。

 主人公達の恋愛は理解できなかったけど、映像が綺麗で、岡田くんも綺麗で、全体としては楽しめたんだけどね。
[PR]
by mablancheri | 2005-01-17 22:00 | movie

化粧師/解夏
珍しく日本映画を2本見る。

b0057724_1391125.jpg■化粧師
大正時代のヴィジュアルがおもしろかった。金持ちが演劇を見に行くときは西洋の服装なんだけど、まだまだ一般庶民は着物着てたりして。

b0057724_1403132.jpg■解夏
石田ゆり子がキレイだった。昔より今の彼女がよい。いい歳の取り方をしているかんじ。長崎の景色もとてもキレイに映し出されていた。一回しか行ったことないけど、また行きたくなった。
[PR]
by mablancheri | 2005-01-09 23:00 | movie

死ぬまでにしたい10のこと/ラブストーリー
b0057724_22135020.jpg死を宣告された女性。やり残したことをメモに書き、実行していく。淡々と進んでいく。それにしても、だんなに言わないなんて。不倫しちゃうなんて。残していく子供達にメッセージを残すところ、私が昔号泣した「星くず」シリーズ(少女漫画)を思い出した。この映画は号泣という感じではなかったけど。



b0057724_2217188.jpg



映像が丁寧に撮ってありとてもキレイだった。話は予備知識があったためか思ったより泣けなかった。前半ちょっとした笑いの部分はちょっとお下品で余計なのでは・・・?あと、ベトナム戦争まででてくるとは・・・そんな壮大な展開だなんて思わなかった。でも、これもせつないながらも最後はハッピーエンドなので、余韻があったかくて、ドラマティックでよかった。
[PR]
by mablancheri | 2004-12-19 22:30 | movie


おちらと更新
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31