イタリア・パリ旅行15/パリ(3)
b0057724_046815.jpg
ルーブル美術館の見学は本当に時間が短すぎました・・・。
その後の免税店なんて行かなくてもいいのにぃ・・・(でもこれはツアーだから避けて通れない)

あっという間に午後の市内観光が終わってバスはホテルへ向かいました。このツアーでは、2万円プラスすると少し上のクラスのホテルになるプランもありましたが、特にこだわりがなかったので(寝れればいいや~、で少しでも安い方を選ぶ)通常料金で申し込んでいました。数名の方は良いホテルの方を選んでおられたので、まずそちらのホテルへ寄ってから、私達の泊まる方へ向かいました。

b0057724_048346.jpg

さすがに差をつけられているだけあって、ツアー中一番狭い部屋でした。パリは基本的に狭いところが多いというのは他の旅行記などでも目にしていましたが、やっぱりです。シングルベッドが2つはあったんですが、部屋も狭いからくっつけてあって、まるでダブルベッドのよう。ツアー参加者の中には大学生の兄弟がいましたが、部屋に入るやいなや「ダブルベッド(汗)!」と騒いでいました^^;

夕食まで2、3時間もあったので、ホテルの近くのこじんまりしたスーパーへ行ってみました。ここがまた楽しいところで。パリのスーパーの名は「○○ PRIX」という感じで最後に「プリ」がつくところが多いそうです。私が行ったこところも「FRAN PRIX(フラン プリ)」という可愛いところ。ここでお土産のクッキーなども買ってしまいました。おみやげ屋さんよりもはるかに安く・・・。(でもおいしかったから○)


b0057724_23362437.jpgb0057724_23363321.jpg

7時の夕食時間に向けて、迎えのバスが来てレストランへ向かいました。ほんとにこういうとこ、いたせりつくせりだなぁ、ツアーって・・・。レストランはなんとベルギー料理。チェーン店のようで地下鉄の通路に看板広告もありました。ここもすっごくおいしかったです^^

b0057724_23424973.jpg

ベルギーといえば、ビール!久しぶりでおいしかった~。
b0057724_23432667.jpg

メインはたっぷりムール貝のワイン蒸し。これで一人前!最初はこんなにたくさん食べれるか?と思ったけど、ニンニクも入っていて(昼も貝類+ニンニクだったけど)すごくおいしくって、パクパク食べれちゃいました。
b0057724_23445432.jpg

ムール貝の鍋の底に残ったスープにポテトをつけて食べました。
b0057724_23454036.jpg

最後にデザートのベルギーワッフル!甘さひかえめでおいしかった☆
ここのお店も人気のようで、店を出るときにはお客さんでいっぱい、外で待ってる人もたくさんいました。フランスに来てから食べ物には大満足です。

スケジュールではここで本日の予定は終了だったけど、添乗員さんのはからいで希望者は(結局全員希望したんだけど)夜の凱旋門に連れて行ってくれることになりました。添乗員さんの思惑は、次の日の自由行動に備えて地下鉄の乗り方を実践したかったということもあったようです。

b0057724_2352407.jpg

レストランを出てそのままバスでシャンゼリゼ通りを走り凱旋門の側でおろしてもらいました。本当はシャンゼリゼ通りでバスの乗降は禁止のようで、添乗員さんが「さっとすばやく降りてくださいね、警察が来たら知らん顔して逃げてくださいね」、というようなことをおっしゃってたような・・・。このツアーなにげにこういう場面多かった気がする・・・。

b0057724_23533883.jpg

ライトアップされた凱旋門。昼と違ってこれも美しいです。全員異議なく凱旋門に登ることになりました。団体料金適用には人数が足りなかったのに、添乗員さんの交渉で団体料金で入場することができました。おまけにエレベーター使ってくれたし。
b0057724_2359476.jpg

真下から見た凱旋門。国旗も大きい。
b0057724_2359343.jpg

凱旋門の上から見たシャンゼリゼ大通り。
b0057724_001990.jpg

私がパリで一番見たかったもの。キラキライルミネーションのエッフェル塔。1時間ごとに約10分間キラキラ輝くのです。点滅が早くてすごくキレイでした。自分だけで夜のパリに出れるかわからず、夜のエッフェル塔は見れないかもしれないな~とも思っていたので、思わぬサービスで念願叶って感動!降りる集合時間を過ぎてもじ~っと見入ってしまいました。

b0057724_031755.jpg

帰りはまたもや地下鉄の乗り方講座。「アン カルネ(10枚綴りのチケット)シルブプレ」とみんなで復唱してから窓口で一人ずつ買いました。私達のホテルまでは6号線から4号線に乗り換えで帰ることができました。乗り換え方法も比較的わかりやすかった。パリの地下鉄は、改札入るときだけチケットが必要で出口では要らないので、ホームには使い終わったチケットがたくさん落ちてたり、ドアは手動で開けるようになってたり。でも1回乗り方を教わったらカンタンでした。
b0057724_08637.jpg

ホームに警察の人?や警備犬がいたのにはびっくり。あと、乗り換えの通路なのに5,6人構成の楽団(ヴァイオリンなどの)が演奏してたのもおもしろかった。
[PR]
by mablancheri | 2006-11-12 23:50 | travel
<< イタリア・パリ旅行16/パリ(4) イタリア・パリ旅行14/パリ(2) >>


おちらと更新
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31